注文住宅を横浜市で建てる場合に費用相場がどれぐらいになるのかは気になるところです。これは住宅に対する思い入れや予算、立地条件によって変わって来る可能性があります。特に駅から近くて利便施設が揃っているような場合は地価も高く、従って思う広さの土地を手に入れることが出来なくて、狭小な敷地に建てるという場合もあります。敷地が狭いとか地盤面の問題がある、あるいは外観デザインや耐久性に拘りを持つ場合はRC造やS造で3階建てや4階建て住宅を建てるといった場合も出てきますのでそうなると根本的に費用も違って来ることになります。いずれにしても最近は耐震性と共に地盤の調査を行った上でそれに適した建物を建てるといったことも必要になって来ています。詳しく知るには見積をとってみることで、それぞれの費用相場を知ることが出来ます。

工事費用は条件によって大幅に変わって来るもの

都心と地方ではまず人件費や建築材料、設備機器の価格が違って来ますので建設費用もそれに従って変わって来ます。横浜市の注文住宅では東京にも近く、従って費用相場は高い水準にあると言えます。注文住宅では本体工事とガスや水道、車庫や外構工事などの別途工事、それに登記手数料やローン保証料、保険料、仲介手数料、税金などがかかって来ます。大手のハウスメーカーに依頼する場合は坪単価もサイトから調べることができますが、70万円とか80万円以上でこれは標準仕様にしても高い傾向が見られます。しかもオプションとしてこれに拘るとさらに高くなります。一方でローコスト住宅を手掛けるメーカーもあり、この場合は坪30万円から50万円ぐらいのところもあります。ただ何を工事費に含め、床面積とかバルコニーとかの面積の出し方は会社によって違うこともありますので坪単価には注意も必要です。

サイトによる調べ方では注意も必要なこと

注文住宅で横浜市の相場を知りたい場合に住宅関連の新聞によるランキングからとか、サイトの検索を通して知ることが出来ます。ただこれらの資料は価格総額から出されたもので実状とは違うと見て良いものです。坪数が20坪以下の場合とそれより広い場合は、坪単価は大幅に変わって来ます。又、予算に合わせて設計を行う自由設計という手法も広まっています。内装や住宅設備機器の程度によっても変わって来ますし、これらの資料は余り参考にならないとした方が良いものです。実際に建てた人の口コミ情報などはその点は参考になるものです。会社によっても地震に強い会社とか下請け制をとらず宣伝費もかけず、建設費用を落とすことに努力している会社も見られます。従って具体的な案なり図面が出来た時点で複数の会社で見積をとることが近い相場を知ることができると言えます。