住宅は建設される場所によってそれぞれ特徴が異なります。暑い地域や寒い地域それぞれに、必要な住宅性能も設備も異なるからです。横浜市の場合には、比較的温暖な気候ということもあって特に求められる性能や設備はありません。ただし海が近いことから、潮風対策は必要になります。そして最も大きな特徴は、お洒落なデザインが多いということです。お洒落な街というイメージがある通りに、住宅もその景観に合うように考慮されたデザインになっているわけです。さらにそれぞれの家には個性を持たせるために、建売り住宅よりも注文住宅で建設されることは多いのも特徴です。様々な要望があることから、地元の工務店も多くのノウハウであらゆる要望に応えることができるのも、このエリアの特徴と言えます。

横浜市の住宅に見られる特徴とは

横浜市で多く建設される注文住宅の特徴は、自然素材を使った木の家が多いということです。これは自然環境に魅せられて居住を決める人が多いためですが、その自然を満喫できるように配慮した設計というわけです。なるべくエアコンなどの冷暖房機器を使わずに、自然の光や風を利用できるように設計されるのも、このエリアの住宅に見られる特徴です。自然素材を内装に使うことによって、調湿機能などのおかげで快適な室内空間を維持できるようになります。もちろん建設費用もそれなりに高額となりますが、工務店も余計な宣伝を行わないことで施工費用を抑えています。そのためにこだわりの素材や好みのデザインの設備を選ぶなどこだわりを持った住宅設計によって建てられた家が多くみられるというわけです。

横浜市で住宅を建てるためのポイント

お洒落なエリアで注文住宅を建てるためには、まず工務店選びが重要です。地元では多くの工務店がありますが、どこも宣伝広告を行っていないので選ぶのは難しいものです。そこで実際に建設現場に足を運んで、どのようなデザインの家を建てているのか、職人の働きぶりはどのようなものかをチェックする必要があります。特に海が近いこともあって、外壁処理には注意が必要です。潮風に強い外壁材を使うと共に塗装も耐久性の高いものを使うのが、このエリアの特徴です。さらに外壁のデザインもメンテナンスしやすいように、フラットな形状となっています。ドアや窓に関しても、潮風による錆が発生しにくいような素材を使うといった工夫が見られます。そのような取り組みをしている工務店を選ぶことが必要というわけです。